EK047-台風12号2020は温帯低気圧になり関東の東で停滞中!東京・千葉・茨城は強風・波浪に注意!

台風12号(ドルフィン)の最新の現在の状態と、各地における警報・注意報について報告します。



気象庁の発表による台風12号の現在位置

台風12号 9月24日15:50の現在位置

  • 台風12号は温帯低気圧になり、関東の東を北東に向けてゆっくりした速度で移動しています。
  • 現在、東京・千葉・茨城に強風・波浪の注意報・警報が出ている地域もありますので、警戒を怠らないよう、充分注意してください。

2020.09.24.15.00-Kishocho

 

台風12号(ドルフィン)→ 温帯低気圧
存在地域 関東の東
中心位置 北緯 33度00分(33.0度)
東経 142度00分(142.0度)
進行方向、速さ 北東 ゆっくり
中心気圧 992hPa

日本気象協会による台風12号の現在位置

台風12号2020(ドルフィン)の現在位置

台風12号(ドルフィン)は、24日15時に関東の東で温帯低気圧に変わりました。

2020.09.24.15.00-KishoKyokai

 

 

ウェザーニュースによる台風12号の現在位置

台風12号2020(ドルフィン)の現在位置

2020.09.24.15.00-WeatherNews

台風12号は温帯低気圧になりました。

ウェザーニュース

台風から温帯低気圧に変わった後に強風のエリアが拡大することが多く、25日(金)は北日本の各地で風が強まる見込みです。

特に太平洋沿岸や津軽海峡周辺では瞬間的に25m/s を上回るような暴風になるおそれがあります。

関東でも千葉や茨城の沿岸では風の強い状況が続く予想です。

2020.09.24.15.00-WeatherNews-Wind

西からの気圧の谷接近で雨雲発達

ウェザーニュース

東からの湿った風が吹き込むことに加え、日本海に気圧の谷が進んでくる影響で、雨雲が発達しやすくなります。

特に岩手県沿岸部は地形の影響もあって雨が強まる可能性が高く、総雨量が100mm を超えるような大雨になる見込みです。土砂災害や小さな河川の増水などに警戒をしてください。

横殴りの雨で、車の運転ではハンドルを取られたり、外出時は傘が役に立たないことも考えられますので、充分な注意が必要です。

2020.09.24.15.00-WeatherNews-Rain

米軍合同台風警戒センター(JTWC)による台風12号の進路予想図

米軍合同台風警戒センター(JTWC: Joint Typhoon Warning Center)は、米国ハワイ州にある米国国防総省の機関です。

2020.09.24.14.30-JTWC

台風12号2020(ドルフィン)の進路予想図

2020.09.24.14.30-JTWC-Graphic

 

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)による台風12号の進路予想図

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF: European Centre for Medium-Range Weather Forecasts)は、『スーパーコンピュータによる予報』です。

そしてこちらが9月22日21:00現在の、ECMWF による台風12号の進路を予報した画像です。

2020.09.23-18.50-ECMWF

Windy による台風12号2020(ドルフィン)の進路予想図

Windy は、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)をモデルにしていて、パイロットは政府機関でも利用されているツールです。

風の向きや流れが視覚的にわかるようになっていますね。なお、画面の右上にある『風』をタップし、さらに『風速』をタップすると、台風のリアルタイムな現在位置や風の流れなどがわかります。

まとめ

  • 台風12号(ドルフィン)は、24日15時に関東の東で温帯低気圧に変わりました。
    • 2020年9月24日 15:50現在の
      • 中心気圧 992hPa
      • 中心付近の最大風速 23m/s(46kt)
      • 最大瞬間風速 35m/s(70kt)

なお、台風が温帯低気圧に変わった後も、東京・千葉・茨城では強風・波浪の注意報・警報が出ている地域もあります。

また、25日から26日にかけて、東北や北海道は太平洋側の沿岸部を中心に雨や風が強まりそうです。

強風、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意して下さい。

台風の影響による強風・波浪は予想できる数少ない自然災害の一つですから、直前でも準備が可能ですので、こちらの記事を参考に備えておくようにしましょう!

→ 台風には何を備えれば安心?食料だけじゃない「有って良かった」グッズを紹介!