EK040-台風10号2020に発達?熱帯低気圧の予想図最新版!米軍・ヨーロッパ・気象庁はどう見る?

2020年8月31日9時頃に小笠原近海で発生していた熱帯低気圧が、9月1日21時に台風10号(ハイシェン)に発達しました。

週末にかけてゆっくりと本州の南に発達しながら北上すると見られています。

この記事では、この台風の位置や進路予想図の最新情報を、米軍・ヨーロッパ・気象庁など複数の情報を元に追跡、まとめていきます。

ちなみに、どの気象予測モデルも同じ様に予報していれば、当たっている可能性は充分高いと言えますが、違った予報をしている事も意外と頻繁にあります。特に夏の台風シーズンは違う予報が出ている事がたまにあるので、複数の気象予測モデルを見る事は意義があるんです。


気象庁による熱帯低気圧の現在位置

台風10号の9月1日21:00の現在位置

2020.09.01-Typhoon-10-KishoCho-2100

台風10号は9月1日21:00現在、小笠原近海に位置しており、南西に向けて10km/h の速度で移動しています。

中心気圧 1000hPa
中心付近の最大風速 20m/s(40kt)
最大瞬間風速 30m/s(60kt)

台風10号の予報

9月2日21:00現在

予報では、小笠原近海に位置しており、西に向けて15km/h の速度で移動しています。

中心気圧 985hPa
中心付近の最大風速 30m/s(55kt)
最大瞬間風速 40m/s(80kt)

9月3日21:00現在

予報では、沖ノ鳥島近海に位置しており、西北西に向けて15km/h の速度で移動しています。

中心気圧 965hPa
中心付近の最大風速 40m/s(75kt)
最大瞬間風速 55m/s(105kt)

9月4日21:00現在

予報では、日本の南に位置しており、西北西に向けて15km/h の速度で移動しています。

中心気圧 940hPa
中心付近の最大風速 45m/s(90kt)
最大瞬間風速 65m/s(130kt)

9月5日21:00現在

予報では、南大東島近海に位置しており、北北西に向けて20km/h の速度で移動しています。

中心気圧 940hPa
中心付近の最大風速 45m/s(90kt)
最大瞬間風速 65m/s(130kt)

9月6日21:00現在

予報では、西日本に位置しており、北北西に向けて35km/h の速度で移動しています。

中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 45m/s(85kt)
最大瞬間風速 60m/s(120kt)

熱帯低気圧の9月1日9:00の現在位置

2020.09.01-Typhoon-10-KishoCho-0900

熱帯低気圧 b は9月1日9:00現在、小笠原近海に位置しています。

中心気圧 1006hPa
最大風速 15m/s(30kt)
最大瞬間風速 23m/s(45kt)

この近海の海面水温は30℃前後と高く、今後、台風に発達する可能性があります。

熱帯低気圧の9月1日3:00の現在位置

2020.09.01-Typhoon-10-KishoCho-0300

熱帯低気圧 b は9月1日3:00現在、小笠原近海に位置しています。

中心気圧 1006hPa
最大風速 15m/s(30kt)
最大瞬間風速 23m/s(45kt)

日本気象協会による熱帯低気圧の進路予想図

2020年9月1日21:00現在

2020.09.01-Typhoon-10-NihonKishoKyokai-2100
9月1日21時現在

2020年8月31日18:19現在

2020.08.31-Typhoon-10-NihonKishoKyokai-1819
8月31日18:19現在

この進路予測によると、この熱帯低気圧は

  • 9月6日頃には西日本付近に接近する可能性がある
  • その頃には中心気圧が950ヘクトパスカルほどまで下がる可能性がある

ことが分かります。

ウェザーニュースによる熱帯低気圧の進路予想図

2020年9月1日10:23現在

2020年8月31日22:20現在

今年は海面水温が高い海域がかなり北まで広がっており、本州沿岸でも海面水温が30℃近い異例の暖かさとなっています。

一般的に、海面水温が28℃程度以上では熱帯低気圧や台風が発達しやすく、熱帯低気圧は勢力を強めながら西進する見込みです。

2020.08.30-Typhoon-10-WeatherNews-0000
8月30日現在

さらに、上空の風が弱いなどの条件が重なると、日本の沿岸に達した場合に普通の台風のようには勢力を落とさない可能性があり、場合によっては発達最盛期の状態で接近・上陸ということも考えられます。

米軍合同台風警戒センター(JTWC)による熱帯低気圧の進路予想図

米軍合同台風警戒センター(JTWC: Joint Typhoon Warning Center)は、米国ハワイ州にある米国国防総省の機関です。

このツールは米軍のためのものですが、我々一般人でもアクセス出来るよう一般公開されています。

2020年9月1日14:30現在

2020.09.01-Typhoon-10-JTWC-1430
9月1日14:30現在
2020.09.01-Typhoon-10-JTWC-TC-Warning-Graphic-1430
9月1日14:30現在

過去6時間に及ぶ追跡結果からの報告によると、熱帯低気圧(注:まだ台風と呼んでいない)の速度は7ノット(約13km/h)で硫黄島の南東290マイル(約467km)を南西に進んでます。

2020年9月1日2:30現在

2020.08.31-Typhoon-10-JTWC-1730
9月1日2:30現在

通常、6時間ごとに情報がアップデートされます。

なお、時差があるので、表示された時間に9時間をプラスすると日本時間の表示になります。

上の画像では、『IMAGE TIME: 31/1730Z』と表示されてますが、

  • 『31』は日にち
  • 『1730』が時間ですが、協定世界時で『17:30』という意味

なので、日本時間だと、1日の2:30現在の情報という事になります。

2020.08.31-Typhoon-10-JTWC-TC-Warning-Graphic-1730
9月1日2:30現在

過去6時間に及ぶ追跡結果からの報告によると、熱帯低気圧の速度は12ノット(約22km/h)で硫黄島の東南東272マイル(約438km)を南西に進んでます。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)による熱帯低気圧の進路予想図

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF: European Centre for Medium-Range Weather Forecasts)は、『スーパーコンピュータによる予報』です。

ちなみに、ECMWF は、「世界一の数値予報精度」と言われているそうですよ!

2020年8月31日21:00現在(9月3~6日の様子)

こちらが8月31日21:00現在の、ECMWF による台風9号・10号の様子を予報した画像です。

2020.08.31-Typhoon-9 and 10-ECMWF-2100

2020年8月31日21:00現在(9月7日の様子)

こちらが8月31日21:00現在の、ECMWF の9月7日の様子を予報した画像です。

2020.08.31-Typhoon-10-ECMWF-2100
8月31日21:00現在

Windy による熱帯低気圧の進路予想図

Windy は、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)をモデルにしていて、パイロットは政府機関でも利用されているツールです。

風の向きや流れが視覚的にわかるようになっていますね。

なお、画面の右上にある『風』をタップし、さらに『風速』をタップすると、台風のリアルタイムな現在位置や風の流れなどがわかります。

まとめ

小笠原の近海にあった熱帯低気圧が、9月1日21:00に台風10号(ハイシェン)に発達しました。

9月5~6日頃には西日本付近に接近する可能性がある。

その頃には中心気圧が940hPa ほどまで下がる可能性がある。

本州沿岸の関東以南の海表面水温が30℃と非常に高いため、上空の風が弱いなどの条件が重なると、場合によっては発達しながら北上して接近・上陸ということも考えられるため、早めに台風対策をするようにしましょう。

なお、台風は来襲が予想できる数少ない自然災害の一つですから、直前でも準備が可能ですので、こちらの記事を参考に備えておくようにしましょう!

→ 台風には何を備えれば安心?食料だけじゃない「有って良かった」グッズを紹介!